赤ちゃんのアトピーは保湿で予防できる|肌トラブルを起こさない為に

乳児

赤ちゃん連れのお出かけに

親子

抱っこ紐には首が座る前の新生児期から使えるものもあります。また、インターネットオークションやスマートフォンのフリマアプリを利用することで、人気の抱っこ紐や廃番になったものが定価よりもかなり安く手に入ることがあります。

もっと読む

ミルク作りが簡単に

ウォーター

温水が出るウォーターサーバーは赤ちゃんのミルクや離乳食作りにも役立ちます。夜中のミルク作りも楽になるのでおすすめです。採水地や成分をしっかりチェックして赤ちゃんでも安心して飲めるウォーターサーバーを選びましょう。

もっと読む

おしゃれで授乳しやすい服

家族

授乳服は授乳に便利なようにデザインされているので、外出先でも簡単に授乳することができます。また洋服が伸びたりする心配もありません。通販では、色々なデザインが販売されているので、授乳を容易にするためにも授乳服を持っておくと便利です。

もっと読む

肌トラブルの予防と改善

赤子

保湿で肌を守ります

アトピーは生後6か月以降に診断されることが多いようですが、生後1か月頃から多くの赤ちゃんに乳児湿疹などの肌トラブルが発生するので、アトピーなのか乳児湿疹なのか、医師であっても診断は容易ではありません。お母さん自体にアトピーがある場合や、家族がなんらかのアレルギーを持っていると、子供にもそれが遺伝として伝わっていることもあるので、経過を注意して見守る必要があります。赤いできものがアトピー由来のものか乳児湿疹かに関わらず、保湿をすることで肌のバリア機能が強化され、赤ちゃんのアトピー性皮膚炎の発症予防と効果があります。新生児の頃から入浴時における肌の洗浄とベビーローション等での保湿をしっかりと行いましょう。

兆候と発症時期

赤ちゃんのアトピーは、すぐには診断が下りることが難しいです。乳児湿疹や一時的な皮膚炎の場合があるからです。生後6か月ほど経つと、血液検査等でアトピーの数値を図ることもできるので、それまでは保湿を中心にケアを行っていきましょう。アトピー性皮膚炎の場合は、肘や関節の部分に湿疹ができ、耳の付け根のただれや切れが生じることが多いです。湿疹も赤いできものというより、じくじくしたような湿疹ができてくるので、2歳以上ですと診断が出やすいです。冬は特に症状が悪化しやすい傾向にあり、食物アレルギーの赤ちゃんも皮膚炎を起こすこともあるので、随時かかりつけ医に相談し、適時検査を受けることで早めの対策をすることができます。